トリニータ 公式戦4戦未勝利も「勝点3を信じてやり続ける」

2022年03月10日 19:30更新

ゆ~わくワイド&Newsでオンエアできなかった地上波未公開インタビュー

 

3月9日(水)に行われた水戸ホーリーホックとの一戦。

試合後に下平隆宏監督と呉屋大翔選手が会見に臨みました。

 

今季初ゴールが生まれた呉屋選手ですが、引き分けという結果に「今度はチームを勝利に導くゴールを」と前を向きました。

 

勝点3を信じてやり続けることが重要

 

何度も決定機を作るなど試合内容は決して悪くない中、結果が伴わないことについて、下平監督は「選手も今、もがき苦しんでいる。とにかく勝点3を信じてやり続けることが重要だ」と心境を語りました。

 

詳しい会見の模様は、動画をチェックしてみてください!

藤村 晃輝アナウンサー
取材リポート

今季は公式戦ここまで4試合を戦い、3分1敗と未だに勝利がないトリニータ。

 

苦しい戦いが続いていますが、下平監督が掲げる「攻撃的なサッカー」は徐々に浸透し始めています。

 

内容が良くなってきているにも関わらず、結果に結びつかないことに関して下平監督は「自分たちのサッカーを信じてやり続けることが重要」と語っていました。

 

我々も初勝利を信じて、トリニータにエールを送り続けるしかありませんね。

次節は3月12日(土)。アウェーでV・ファーレン長崎との一戦です。九州ダービーに勝利をして、ホームに戻ってきてもらいましょう!

最新のニュース